06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

夏の森で虫探しを開催しました。

2017.07.23 12:00|イベント
前日までの天気予報では晴れる予定にもかかわらず、ぐずついた空模様・・・
そんな中でしたが、「夏の森で虫探し」をおこないました。

最初に危険な生き物について3つ約束をしました。
①刺されると痛いイラガの毛虫が葉っぱの裏についていないかさわる前にしっかり見る
②マムシにかまれないように草むらに入るときは注意!ヘビがいないのを確認
③ハチが近くに飛んできても手ではらったりせず、そっと離れる

夏休みが始まって森に入ることもあると思います、荒川大麻生公園だけじゃなくて他の場所でも注意です!

説明
たくさんの虫を捕まえられる様に、虫取り網の使い方を練習しました。

練習の成果もあり、ショウリョウバッタやトノサマバッタ、ミヤマアカネなどを捕まえることができました。
他にもいろいろな昆虫を見つけることができました!
捕まえた昆虫はしっかり観察してから逃がしました。


出会えた生き物を少しご紹介します。
幹の周りをぐるぐる回るキマワリの仲間

P7230163.jpg

今回の一番の大物?クワをかじるクワカミキリ
P7230162.jpg

雨のおかげでカタツムリ(ミスジマイマイ)にも出会うことができました。
P7230158.jpg
P7230151.jpg

参加者のみなさんが帰ったあとにたくさん飛び始めたジャノメチョウ
P7230161.jpg

トンボの羽にチョウのような触角、ツノトンボ
P7230160.jpg


大麻生公園には他にもたくさんの生きものが住んでいます。
イベントの無い日でも生きもの達に会いにきてね!

次回は夏休みの終わり頃、8月27日に水鉄砲作りです!
こちらも是非ご参加下さい。
申込は8月1日からです。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

イベント情報や、ブログの更新は(公財)埼玉県生態系保護協会の
HP・Facebookでもお知らせしています。そちらもご覧ください^^

 (公財)埼玉県生態系保護協会ホームページ
http://www.eco-saitama.or.jp/
荒川大麻生公園のページをご覧ください!

Facebook
https://www.facebook.com/ecosaitama
「いいね!」お願いします!

‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


スポンサーサイト

【イベントレポート】大麻生自然塾 ~夏の花と昆虫探検ウォーク

2017.07.22 11:41|イベント
8名のご参加をいただき、今年3回目となる「大麻生自然塾」を実施しました。
朝から気温がぐんぐん上がる梅雨明けの夏、どんな花や昆虫に出会えたのでしょうか。

この時期に観察できる「赤とんぼ」の仲間を、捕まえて間近で観察しました。
遠目ではみんな同じに見える赤とんぼ、実は公園には何種類もの「赤とんぼ」がくらしていることを知ってもらいました。
トンボ観察

こちらはミヤマアカネ。
ミヤマアカネ

こちらはコノシメトンボ。
コノシメトンボ

自由広場ではショウリョウバッタモドキをみんなで観察。
荒川大麻生公園では夏から秋にかけてよく見られますが、県全体では絶滅が懸念されているバッタの一つです。
ショウリョウバッタモドキ①

ショウリョウバッタモドキ②

植物では、炎天下で力強く花を咲かせる、ヒキヨモギやカワラサイコ、コマツナギの花を観察しました。

ヒキヨモギ
ヒキヨモギ

公園では至るところで観察できるカワラサイコ
s-カワラサイコ080610

最後に、今回観察できたトンボやチョウ、花を咲かせていた植物の振りかえりを行い、大麻生自然塾は無事に終了しました。
なお、捕まえた昆虫は、みんなが観察し終わった後、公園内に放してあげました。

次回の大麻生自然塾(9月30日)は、秋に咲く花と渡り途中の野鳥の観察を予定しています。
ふるってご参加ください。

生きものだより

2017.07.19 15:00|生きもの
公園を車で巡回中、フロントガラスにトノサマバッタが飛び乗ってきました。

トノサマバッタ

大麻生公園の草原にくらすバッタの仲間で、いろいろな草の葉っぱを食べてくらしています。
比較的みつけやすいバッタで、公園では、初夏から秋にかけて自由広場周辺や野草広場などで観察することができます。

こちらのトノサマバッタは、撮影のあとで広場の草かげに逃がしてあげました。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………………………………………

イベント情報や、ブログの更新は(公財)埼玉県生態系保護協会の
HP・Facebookでもお知らせしています。そちらもご覧ください^^

 (公財)埼玉県生態系保護協会ホームページ
http://www.eco-saitama.or.jp/
荒川大麻生公園のページをご覧ください!

Facebook::https://www.facebook.com/ecosaitama
「いいね!」お願いします!

………………………………………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

生きものだより

2017.07.13 15:00|生きもの
熊谷大橋の下付近で、ハグロトンボを見つけました。

ハグロトンボ

名前の通りの黒いはねと、光沢のある緑色の身体が特徴的なトンボです。
荒川大麻生公園では、この時期は水辺から移動して、森の中の園路など、暗い場所でよく見られます。

公園では、多くのトンボの仲間が見られるようになっています。
暑さ対策をしっかりして、お出かけしてみませんか。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………………………………………

イベント情報や、ブログの更新は(公財)埼玉県生態系保護協会の
HP・Facebookでもお知らせしています。そちらもご覧ください^^

 (公財)埼玉県生態系保護協会ホームページ
http://www.eco-saitama.or.jp/
荒川大麻生公園のページをご覧ください!

Facebook::https://www.facebook.com/ecosaitama
「いいね!」お願いします!

………………………………………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

生きものだより

2017.07.10 09:00|生きもの
野草の広場で、チョウトンボを見つけました。

チョウトンボ

チョウトンボは、輝く美しいはねが特徴的な、トンボの一種です。
飛び方にも特徴があり、チョウのようにひらひらと舞うように飛ぶことからこの名前がついたとされています。

公園で目撃例が多い場所は、野鳥の森の池のほか、林縁や野草の広場のようです。

公園では、多くのトンボの仲間が見られるようになっています。
暑さ対策をしっかりして、お出かけしてみませんか。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………………………………………

イベント情報や、ブログの更新は(公財)埼玉県生態系保護協会の
HP・Facebookでもお知らせしています。そちらもご覧ください^^

 (公財)埼玉県生態系保護協会ホームページ
http://www.eco-saitama.or.jp/
荒川大麻生公園のページをご覧ください!

Facebook::https://www.facebook.com/ecosaitama
「いいね!」お願いします!

………………………………………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━□■