FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク

プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥の森でエナガの巣立ち雛が元気に育っています。

2019.04.25 16:48|生きもの
野鳥の森で子育てしていたエナガの元気な雛が無事に巣立ちました。
 エナガ_ss439A9761
 エナガ_ss439A9736
二つの枝に分散して親からの食べ物を待つ雛たち
スポンサーサイト

野草広場に希少種のカワラナデシコの苗を植え戻しました。

2019.04.25 16:19|エコPV
4月13日の土曜日、公園では秋に採取したカワラナデシコの種子を育てていましたが、植え戻しできる大きさに成長したため、野草広場へ戻す作業を行いました。当日はよく晴れ、9名のボランティアさんによって作業が進められました。
 IMG_9845_S.jpg
 植え替える前に、周りに生えている外来種のシナダレスズメガヤや、繁茂しすぎたテリハノイバラの枝などを整理したあと、10株ほど植えつけました。また、野草広場に広がりを見せている外来種のハリエンジュの伐採作業も進めて頂きました。
 IMG_9851_S.jpg
 作業をして頂いた皆様、ありがとうございました。

午後からは時間のある有志の方に野鳥の森西側の竹林の間伐なども手伝っていただくことが出来ました。

※5月のエコパーク・ボランティア作業は5月19日の日曜日に開催となります。



わくわく野あそび隊で「木登り体験」を開催しました。

2019.02.25 17:09|イベント
木登り_てっぺんあっという間にてっぺんにたどり着きました!

2月24日にわくわく野遊び隊の木のぼり体験を開催しました。
あっという間にてっぺんまで登る子、一歩一歩慎重に登る子、木の周りでどんぐり拾いに夢中の子、それぞれ楽しんでくれました。降りれなくなって泣いてしまう子もいましたが、最後にはみんな登れるようになりました。
背が伸びると登れる場所も増えるので、また遊びに来てください!

木登り_安全な登り方説明登り方の説明

参加をしていた子ども達によると、危ないからという理由で木登りを禁止にしている学校や保育園も多いようです。大麻生公園ではスタッフ指導の下で安全に登るための「3点支持」などをしっかりと覚えてからのぼるので、怪我無く楽しんでもらっています。
腐った木は登らないとか、ハチがいる木は登らないといった、本当に危ないことを知ってもらうことも大事だと思います。

木登り_お父さんも挑戦お父さんも木登りに挑戦!


木登りに使った、クヌギの木の幹に隠れているヨコヅナサシガメや、エノキの木の種なども観察しました。

木登り_虫の観察生きものの観察もしました。


◎次回のわくわく野遊び隊のご案内
3月21日(木祝)「水中の世界をのぞいてみよう」
4月21日(日) 「はじめての木登り体験」

お申し込みは各月最初の平日9:00~電話で受け付けています。
048-645-0570までお電話ください。

また、いままでは、小学校3年生までの参加にしていましたが、
小学6年生まで参加できるようになりました!!
みなさんのご参加をお待ちしています。

生きもの情報

2019.02.04 16:01|生きもの
1月28日、公園で管理作業をしているとグランド南の野草広場から小鳥の声が聞こえてきました。
鳴き声のする青空を見上げると、小さな黒い点が少しずつ動いています。
双眼鏡を取り出してピントを合わせると、さえずりながら飛ぶヒバリの姿が見えてきました。
鳥_ヒバリ_439A4192b
ヒバリは鳴き終えると、「火入れ」した後の野草広場の地面へと降りていきました。
ヒバリのさえずりは、他のヒバリに対する縄張り宣言でもあります。
春の息吹を感じ、繁殖のための準備に入ったのかもしれません。

「草はらの環境を守るための火入れ」

2019.02.04 15:23|イベント
去る1月17日(木)に、公園内の野草広場において、河原植物の生育環境を維持するための「火入れ」を行いました。

 野草広場の「火入れ」は、カワラナデシコやカワラサイコなど河原特有の植物たちが陽当たりを邪魔されないよう、木々を燃やして背の低い植物への陽当たりを確保する目的で行っています。今年の冬は、雨がほとんど降らずに記録的な乾燥が続いたため、火入れには好都合でした。

当日、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
IMG_8544s.jpg

IMG_8569s.jpg
 多くのボランティアの方々の協力で、今年も事故もなく無事に「火入れ」を行うことが出来ました。

次回のエコ・パークボランティアでは、火入れ後に芽吹く植物の観察と、樹木の間伐を行います。

 日時 : 2月16日(土曜日)  午前10時~12時
 集合 : 荒川大麻生公園 自由広場駐車場
 持ち物 : 汚れても良い服装、軍手、飲み物など
 お問合せ・申し込み/荒川大麻生公園指定管理者 (公財)埼玉県生態系保護協会
              電話/048-645-0570  (平日9時~18時)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。