05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

生きものだより

2017.06.23 19:23|生きもの
今年も、ネムノキが花を咲かせました。

A6190879.jpg

ネムノキは夏の暑い時期に花を咲かせる植物で、日当たりのよいところを好む植物です。
荒川大麻生公園では、野草の広場や森の周辺で見られます。
緑が多くなるこのキセツに、ピンク色の大きな花は中々映えます。ぜひともお出かけください。
スポンサーサイト

生きものだより

2017.06.19 20:00|生きもの
野草の広場を巡回中、コガネグモに出会いました。
コガネグモ

おなかの黄色と茶色のトラじま模様が特徴のクモで、日当たりのよい場所に大きな巣を張ります。
荒川大麻生公園では、この時期、野草の広場などで観察できます。

埼玉県全体では数が少なくなっている生き物です。
見つけても捕まえたりせず、そっと見守ってあげてください。

生きものだより

2017.06.13 17:59|生きもの
公園の各所で、カワラサイコが咲きはじめました。
カワラサイコ

荒川大麻生公園では、野草の広場など、比較的日当たりの良い場所に生育する背の低い植物で、初夏から夏にかけて黄色い花を咲かせます。埼玉県では見られる場所が少なくなっている、当公園を象徴する「カワラ」の名前がつく植物の一つです。

園路の脇やワダチなど、気をつけないとうっかり踏んでしまいそうな所でも、たくましく花を咲かせています。

生きものだより

2017.04.20 14:51|生きもの
朝の巡回中、エナガを見つけました。

2017041911480258e.jpg
(かわいい顔が見えません!)

小さな虫をいっぱいくわえているところをみるに、子育て真っ最中のようです。
これから巣に戻って、雛たちに食べ物をあげて、また虫を探しに行くのでしょう。
子どもたちの巣立ちまで頑張って!

荒川大麻生公園は、春に見られる野鳥や草花が見ごろです。

今週22日(土)には大人向けの自然塾も開催予定(詳細はこちら)です。

是非ともご参加ください。

【参加者募集】大麻生自然塾開催のおしらせ

2017.04.07 11:39|生きもの
この時期、荒川大麻生公園では、動き始めた昆虫や、小鳥たちの春のさえずりを観察することができます。
こうした春の生き物を観察するイベント「大麻生自然塾」を、以下の日程で開催します。
みなさまのご参加、お待ちしております。

G409l002_convert_20160410050544.jpg
(チョウの仲間を観察中。観察後は公園に放しています)

○日時:4月22日(土)10:00~12:00(雨天中止)
○集合:荒川大麻生公園自由広場駐車場
○定員:15名(高校生以上)
○持ち物:飲み物、帽子、(あれば)双眼鏡やルーペ等の観察道具
○参加費:300円

※ 動植物の持ち出しはできません。ご了承ください。

■申込先
 荒川大麻生公園 指定管理者(公財)埼玉県生態系保護協会
 電話:048-645-0570