09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

【参加者募集】ハリエンジュを伐採します

2017.10.13 18:01|エコPV
荒川大麻生公園では、毎月1回、一般の参加者を募り、公園の自然を守り育てるボランティア活動を行っています。
今回は、野草の広場をはじめ、公園各所で樹林を形成し、在来の生き物のすみかをうばう外来植物「ハリエンジュ」の伐採を行います。

ボランティア活動は初めてという方でも大丈夫です。
埼玉県に残された、貴重な自然を守る担い手が不足しています。
一人でも多くのご参加をお待ちしています!


ds-エコPV171014

○日時:10月14日(土)10:00~12:00 (雨天中止)
○集合:荒川大麻生公園自由広場駐車場
○対象:高校生以上
○持ち物:飲み物、タオル、帽子、軍手、汚れてもよい服装
 (※ ノコギリやカマなど、伐採に用いる道具はこちらで準備いたします)
○参加費:無料

■申込先
荒川大麻生公園 指定管理者(公財)埼玉県生態系保護協会
電話:048-645-0570

※ この記事を10月13日までTOPに掲載します。ご了承ください。
スポンサーサイト

【イベントレポート】カワラナデシコの種子採集を行いました

2017.09.09 20:03|エコPV
9月9日、ご参加いただいたボランティアのみなさまとともに、埼玉県で絶滅が心配されている「カワラナデシコ」の種子を集めました。

先月27日に行ったカワラナデシコ株数調査では、平成26年、27年とほぼ同じ、1,300株程度という結果となりました。
H29株数調査結果

カワラナデシコを食べるゾウムシの仲間が多数発生しているという報告も以前からあがっており、
どのくらい種子が集まるか非常に心配される中、野草の広場にて、みんなで頑張って探しました。

s-DSC00397.jpg

毎年、種子採集に参加しているベテランな参加者が複数いたにも関わらず、これだけの「実」を集めても、見つかった種子はわずかでした。
s-DSC00406.jpg

s-DSC00412.jpg

種子のない空っぽの実には、中から虫が脱出したような横穴が、いくつもみつかりました。
s-DSC00403.jpg

種子採集は残念な結果となりましたが、これから結実するカワラナデシコが少しでも元気になるよう、カワラナデシコを増やしている花壇の手入れを、みんなで行いました。
s-DSC00428.jpg

最後にみんなで記念撮影。
ご参加いただいたみなさま、暑い中、本当にお疲れさまでした。
s-DSC00432.jpg

次回(10月14日)は、公園で樹林化し、問題となっている外来植物「ハリエンジュ」の伐採を行います。
みなさま、ふるってご参加ください。

【参加者募集】カワラナデシコの種子採集を実施します

2017.09.08 20:20|エコPV
荒川大麻生公園では、毎月1回、一般の参加者を募り、公園の自然を守り育てるボランティア活動を行っています。
今回は、埼玉県で絶滅が心配されている「カワラナデシコ」を増やすため、自生地から種を集めます。
そこから成長が見込める良い種をより分け、プランターに撒き、来年の夏まで大切に育てます。

ボランティア活動は初めてという方でも大丈夫です。
埼玉県に残された、貴重な自然を守る担い手が不足しています。
一人でも多くのご参加をお待ちしています!

エコPV1609

○日時:9月9日(土)9:00~11:00 (雨天中止)
○集合:荒川大麻生公園自由広場駐車場
○対象:高校生以上
○持ち物:飲み物、タオル、帽子、汚れてもよい服装
○参加費:無料

■申込先
荒川大麻生公園 指定管理者(公財)埼玉県生態系保護協会
電話:048-645-0570

※ この記事を9月8日までTOPに掲載します。ご了承ください。

【参加者募集】カワラナデシコ株数調査のお知らせ

2017.08.25 18:01|エコPV
野草の広場で、今年もカワラナデシコが花を咲かせ始めました。

カワラナデシコ

ピンク色にも紫色にも見えるかわいらしいこの花は、7月下旬から11月上旬ごろまで観察することができます。

カワラナデシコは「秋の七草」の一つであるなど、古くから人々に親しまれてきた植物ですが、埼玉県では絶滅が心配されており、荒川大麻生公園では保護活動を続けているところです。
8月27日(日曜日)夕方に、「カワラナデシコ」が、どれだけ花を咲かせているのかを調べます。
初めての方も大歓迎です。
みなさまのご参加、お待ちしております!

○日時:8月27日(日) 15:30~17:00
 (少雨決行、荒天中止)
○集合:荒川大麻生公園自由広場駐車場
○対象:高校生以上
○持ち物:飲み物、タオル、帽子、汚れてもよい服装
○参加費:無料

■申込先
 荒川大麻生公園 指定管理者(公財)埼玉県生態系保護協会
 電話:048-645-0570

※ この記事を8月25日までTOPに掲載します。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………………………………………

イベント情報や、ブログの更新は(公財)埼玉県生態系保護協会の
HP・Facebookでもお知らせしています。そちらもご覧ください^^

 (公財)埼玉県生態系保護協会ホームページ
http://www.eco-saitama.or.jp/
荒川大麻生公園のページをご覧ください!

Facebook::https://www.facebook.com/ecosaitama
「いいね!」お願いします!

………………………………………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【イベントレポート】野鳥の森にて、池の管理を行いました

2017.07.08 18:00|エコPV
7月8日、ボランティアのみなさまとともに、池の管理を行いました。

野鳥の森の池において、この池にくらす水辺の生きものと、その生きものを守るための問題を紹介しました。
あわせて、これらの生きものを守るためには、外部から来た動植物を取りのぞく必要があること、池を池として維持するため、ガマなどの植物を間引きする必要があること、および、それには人の手による管理が必要であることを説明しました。
s-P7080009.jpg

今回の参加者は、全員池に入るのは初めて。スタッフの先導のもと、足元に気をつけながら、ゆっくりと池の中に入っていきました。
密集していたガマを、まわりも見ながら少しずつ間引いていきます。
s-P7080010.jpg

前日に仕掛けておいた外来動物をつかまえるための網を引き揚げると、カムルチーが一匹かかっていました。
s-P7080014.jpg

s-P7080013.jpg

イベント終了時の池のようす。今回作業いただいたおかげで、アメリカセンダングサもずいぶん少なくなりました。
s-P7080021.jpg

ご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした!
s-P7080019.jpg

次回(8月27日、15:30~)は、カワラナデシコがどのくらい咲いているのか調査を行います。
みなさま、ふるってご参加ください。