09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

【イベントレポート】大麻生自然塾 ~夏の花と昆虫探検ウォーク

2017.07.22 11:41|イベント
8名のご参加をいただき、今年3回目となる「大麻生自然塾」を実施しました。
朝から気温がぐんぐん上がる梅雨明けの夏、どんな花や昆虫に出会えたのでしょうか。

この時期に観察できる「赤とんぼ」の仲間を、捕まえて間近で観察しました。
遠目ではみんな同じに見える赤とんぼ、実は公園には何種類もの「赤とんぼ」がくらしていることを知ってもらいました。
トンボ観察

こちらはミヤマアカネ。
ミヤマアカネ

こちらはコノシメトンボ。
コノシメトンボ

自由広場ではショウリョウバッタモドキをみんなで観察。
荒川大麻生公園では夏から秋にかけてよく見られますが、県全体では絶滅が懸念されているバッタの一つです。
ショウリョウバッタモドキ①

ショウリョウバッタモドキ②

植物では、炎天下で力強く花を咲かせる、ヒキヨモギやカワラサイコ、コマツナギの花を観察しました。

ヒキヨモギ
ヒキヨモギ

公園では至るところで観察できるカワラサイコ
s-カワラサイコ080610

最後に、今回観察できたトンボやチョウ、花を咲かせていた植物の振りかえりを行い、大麻生自然塾は無事に終了しました。
なお、捕まえた昆虫は、みんなが観察し終わった後、公園内に放してあげました。

次回の大麻生自然塾(9月30日)は、秋に咲く花と渡り途中の野鳥の観察を予定しています。
ふるってご参加ください。
スポンサーサイト