07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

ボランティア活動レポート

2013.08.29 16:10|エコPV
8/25(日)、埼玉県生態系保護協会熊谷支部とエコ・パークボランティア合同で、
野草の広場のカワラナデシコ株数調査を行いました。

620_2084_convert_20130829160151.jpg
荒川大麻生公園の野草の広場では、河川敷特有の植生が比較的良好な状態で
残っています。植生の遷移を食い止め、草がまばらな環境を維持するために、
当公園では草はらへの火入れや外来植物の駆除など、様々な管理をしています。

IMG_2706_convert_20130829151932.jpg
野草の広場の植物の中でシンボル的なものが、カワラナデシコ。名前の通り
日当たりの良い河原や山野に生育します。荒川大麻生公園は埼玉県の平野部で
最大規模のカワラナデシコの自生地となっています。
毎年、花が咲くこの時期に、ナデシコの生育状況を把握するため、株数のカウント
調査をしています。調査は20年程前から行われています!

IMG_2711_convert_20130829153248.jpg
まずは全員で調査の方法について確認しました。

IMG_2713_convert_20130829153544.jpg
区画ごとに分担し、ナデシコの株数をカウントします。

IMG_2717_convert_20130829153613.jpg
今年の夏は雨が少なかったため発育の途中で枯れてしまったものが
多かったのか、確認できた株数は昨年よりもかなり減少しました。

今後もボランティアの皆さんにお力を貸していただきながら、
引き続き河原の植生の保全活動を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト