04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

荒川大麻生公園スタッフ

Author:荒川大麻生公園スタッフ
このブログは指定管理者である(公財)埼玉県生態系保護協会が運営しています。
荒川大麻生公園のことや、公園で毎月行われているイベントについては、こちらをごらんください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

生きものだより

2017.04.05 11:31|生きもの
野鳥の森で、ルリタテハを見つけました。

_MG_5527ルリタテハ

羽を広げると黒地に「るり色」のあざやかな帯が見られる、きれいなチョウです。
公園では成虫で冬を過ごすチョウの一種で、そろそろこの「るり色」の帯が目にとまりやすくなる時期です。

日中の天気の良い日などは、上着が要らなくなるくらいに暖かくなってきました。
春の荒川大麻生公園を、お散歩してみませんか?

【イベントレポート】わくわく野あそび隊~水中の世界をのぞいてみよう

2017.03.28 10:41|イベント
3月20日に、親子で自然に親しむイベントを開催しました。

好評のため、午前と午後にイベントを実施、親子連れであわせて60名近い参加をいただきました。

トビケラやカゲロウの幼虫など、いわゆる「川虫」を見つけて観察しようという今回のイベント。
スタッフの案内のもと、お父さんお母さんと一緒に網を持って荒川に入りました。

H320l002_convert_20170320200000.jpg

捕まえた生き物をバットにあけて、みんなで観察しました。
最初は見なれない姿の生きものを前にして、おっかなびっくりだった子どもたちも、色々な川虫が次々とバットに並ぶにつれて、好奇心が勝ったのか我先にと手にとって観察していました。
arakawaooasou/_3200546.jpg

石にはりついたトビケラやカゲロウの幼虫を観察しました。
_MG_2002.jpg

観察が終わった後は、生きものを元の場所に返してあげました。
また来年!
_MG_2029.jpg

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回(4月23日(日))は、みんなで木のぼりに挑戦します。
ぜひご参加ください。

生きものだより

2017.03.27 16:10|生きもの
野鳥の森で、シキミの白い花が咲きました。

20170317_101741_.jpg

シキミは春の比較的早いうちに、直径2~3センチほどの花をつける植物です。
葉や枝は特徴的な香りがあり、仏事等で用いられる「抹香」は、この植物を原料としているそうです。

公園はウグイスがさえずりを始めています。
お天気の良い日などに、お出かけしてみませんか?

【参加者募集】わくわく野あそび隊~水中の世界をのぞいてみよう

2017.03.17 20:07|イベント
荒川大麻生公園では、毎月1回、子どもたちを対象としたお楽しみイベント「わくわく野あそび隊」を実施しています。
今回は、川や池の中にどんな生きものがくらしているか、みんなで観察します。

午前中はキャンセル待ちとなっております。午後の空き状況についてはお問い合わせください。

みなさまの参加、お待ちしております。

G321l008_convert_20160321165650.jpg

○日時:3月20日(月・祝)10:00~12:00、13:00~15:00(雨天中止)
○集合:荒川大麻生公園自由広場駐車場
○対象:3歳~小学3年生(保護者同伴)
○持ち物:飲み物、帽子、長靴、軍手、タオル、汚れてもよい服装、(ぬれた時の)着替え
○参加費:大人300円、子ども100円
○申し込み締め切り:3月17日(金)18時まで

■申込先
 荒川大麻生公園 指定管理者(公財)埼玉県生態系保護協会
 電話:048-645-0570

【イベントレポート】火入れ後の植生管理

2017.03.11 13:38|イベント
3月11日、ボランティアのみなさまとともに、野草の広場の植物調査と、河原植物を守るための保全作業を実施しました。

野鳥の森入り口であいさつの後、野草の広場に向かいました。
DSC03697.jpg

まず、火入れ後にどのような植物が顔を見せているのかを調べました。
DSC03699.jpg

在来植物カワラサイコの新たな芽生え。
DSC03703.jpg

これは外来植物、マツヨイグサの一種です。
DSC03709.jpg

地域在来の植物をこれからも残していく上での課題をスタッフから説明した後、外来植物などを抜き取りました。

4月にカワラナデシコの植え付け予定場所。クズやノイバラ等は少ないのですが、シナダレスズメガヤの株(下写真の黒っぽく見えるもの)が多いので、日当たりをよくするために防除作業を行いました。
DSC03720.jpg

シナダレスズメガヤは根が細かく、しっかりと砂をつかんでいるので簡単には抜けません。
鎌やミニツルハシを使って掘り取りました。
DSC03726.jpg

別の場所では、増えすぎたテリハノイバラの間伐を行いました。
DSC03713.jpg

みなさま、本当にお疲れさまでした。
DSC03730.jpg

次回(4月15日)は、今回管理作業を行った場所に、ポットで育てていたカワラナデシコの植え付けを行います。
よろしくお願いいたします。